委託費用について

会社設立手続きの司法書士への委託費用について

会社設立手続きというのは必要書類を揃えて所轄の法務局に法人登記をするということのことを言います。一般的には難しいことの様に考えられていますが、内容さえしっかりと決まっていれば法的な文書の作成を専門とする司法書士であれば1日で終わらせることができる程度の作業なのです。そのため会社設立を目指している経営者の中には、自分の本業に集中するために面倒な会社設立の手続きは丸ごと司法書士に任せてしまう問い方法を選択するケースが増えてきています。

気になるのはその費用ですが、現行の制度を上手に活用すれば自分で手続きをするのと同じくらいのコストで会社設立まで持っていくことも可能です。具体的には定款の作成の仕方が違うため、業者に任せた方が安く仕上げることができるために非常にメリットが生まれるケースもあるのです。このことは実際に試したことがある人であれば良く実感できることではありますが、初めて会社設立手続きをする人にはピンとこないのが一般的です。

まず菓子は設立をするためには必要書類を揃える必要があります。その書類の中で最も重要かつ複雑な仕組みを持っているのは定款と呼ばれる書類です。

この定款には設立しようとしている企業の全てが書かれており、株式会社を設立数場合にはその定款を公証役場に届け出て、それから法務局に持ち込む必要があります。この手続きを個人で行う場合には一般的に紙で作成した定款を提出することになります。

公証役場で受理する場合には数万円の印紙税を払い込む必要があるためそれなりの金額が必要になります。一方近年認められるようになってきた電子定款というデータ形式での納付を選択すると印紙税が必要なくなるというメリットがあるのです。

この電子定款ですが、作成するためには特殊なソフトウェアが必要になります。定款というのはそう頻繁に作成するものではありませんので個人で会社設立しようという時に機会を時導入するのは極めて不経済です。そのため専門の業者に作成を依頼するというのが一般的な流れになります。

この様な理由で司法処理に電子定款の作成を依頼した場合、一般的には1万円程度で全てをこなすことが出来ます。その様な経費がかかるのですが、紙での納付に比べてデータの場合には印紙税が不要になるためトータルコストでは安くなることが知られています。そのため専門業者に助けを求めない理由は無くなっており、現在非常に人気があります。