会社設立祝い

会社設立祝いのプレゼントにつけるのしについて

友人や知人などの個人的な付き合いの人や、会社同士で付き合っている取引先の人が独立等で会社設立したり、開店をすることがあります。

そのときには、相手との関係の深さなどによって多少変わってきますが、お祝いを贈るのがマナーとされています。お祝いのプレゼントを贈る時期としては、会社設立日の一週間前か遅くとも前日に届けるのが一般的です。会社設立記念パーティーなどのイベントを設けている場合は、その日に贈ります。品物や金銭などを贈る場合ののし袋は、紅白の蝶結びの水引を選びます。

表書きは、「御開店御祝」または「御開業御祝」と書きます。金額の目安としては5千円から5万の間になります。のしの水引きの下に自分の名前をフルネームでいれます。品物の場合は、会社設立祝賀会パーティーなどのイベントが開催される場合は、その場を華やかに盛り上げる花を贈るのが喜ばれます。

花の場合は、見た目も華やかな「胡蝶蘭」が定番となっています。「胡蝶蘭」の相場は、1万から7万ぐらいまで種類や本数によってかなり差があります。平均的には3万ぐらいの胡蝶蘭を贈るのが一般的です。白の胡蝶蘭には、「幸運が訪れる」という開業祝いにふさわしい花言葉があるため、お祝いの花として一番選ばれることが多いです。ホテルなどの接客関係の開業祝いであれば、インテリアとしても使えるスタッドタイプの花を贈ることもあります。花以外には、オフィスの鑑賞用に観葉植物を贈るケースもあります。

親しい間柄であれば、社員全員で食べることができるお菓子や紅茶などの詰め合わせをプレゼントに選ぶこともあります。

事業主と個人的に親しい場合は、祝いのお酒としてシャンパンを贈るのもひとつの方法です。実用品を贈るときは、長くその会社で使えるものが喜ばれます。具体的には、壁時計や絵画、来客用のコーヒーカップのセットなどがあげられます。会社設立祝いのプレゼントの中には、縁起が悪いとされる品物もありますので注意が必要です。

その代表的なものとしては、火事を連想させる赤い花や暖房器具、灰皿などです。

また、客商売であるホテルや美容院・エステサロンなどの場合は、絵画や観葉植物などのインテリア関係の品物を贈るときは前もって確認しておくほうがよいです。接客商売では、店舗の内装もこれからの客層が広がる重要なポイントとなりますので、内装のイメージに合わないインテリア系の品物をいただくとかえって迷惑になるからです。