マナーと文例

会社設立祝いのマナーと文例について

仕事関係者や知人・友人が独立して会社設立や開業・開店することがあります。

そのときの会社設立祝いには、祝電を送る場合と、品物を贈る場合、両方贈って祝う気持ちを表す方法とあります。品物の金額などは、それまでの仕事面での付き合いの深さから変わってきます。

個人ではなく会社同士で付き合いがあった相手の場合は、上司に相談してお祝いの仕方や金額を決めます。取引相手の場合は、1万から5万の間になります。

友人や知人などの個人的なつながりの場合は、1万から3万の間が相場となっています。会社設立祝いでよく贈られるものとしては、花が多いです。花の中では、華やかさがある「胡蝶蘭」が有名です。胡蝶蘭は、「幸福が訪れる」という花言葉をもち、鉢植えのため幸せが根付くという縁起担ぎができるため人気があります。胡蝶蘭の価格は、だいたい3万ぐらいになります。

胡蝶蘭以外には、フラワーアレンジメントされたものや普段から使える観葉植物などがあげられます。花以外では、インテリア器具やコーヒーメーカー、絵画などがあります。花を贈るときは、贈り主の名前が記載された木札には、「祝御開業」「開業御祝」と記します。品物を設立後に送ったときには、木札の書き方は「祈御発展」となります。会社設立や開店祝いで贈ってはいけないものとしては、火を連想させるものがあります。

具体的には、ストーブなどの暖房器具、灰皿やライターなどになります。赤い花も「火」を連想させるため避けたほうがよいです。

これらの品物を贈る時期は、パーティーやイベントが設けられるときは、その前日に送ります。そうでなければ、相手に都合のよい日を確認したほうがよいです。会社設立時は、いろいろな準備で忙しいため、贈るタイミングによっては業務の妨げになりかねないからです。品物を贈るときや、品物は贈らず祝電だけ贈る場合には、開店・開業祝いにふさわしい文例を選びます。文例では、贈り物と同じく火災と倒産を連想させる言葉は使わないように注意します。

具体的には、「赤」「紅」「焼ける」や「流れる」「倒れる」「潰れる」などがあげられます。また、業界や景気が悪い時期でもそのことについて触れるのはさけたほうがよいです。

電報で贈る場合は、文例のテンプレートがいくつか記載されていますので、その中から選ぶと間違いがありません。設立に関しての品物や手紙をいただいた側も後日お礼の手紙を送るのがマナーとされています。