振込みのタイミング

会社設立時の資本金の振込みのタイミング

会社法が改正されたことで、個人事業を手掛けていた人などは会社設立を行う事で色々なメリットが生じて来ます。

一般的に年間の所得が600万円から700万円以上有る場合は、個人事業で収益を上げるよりも、会社設立をした方が良いと言います。

これは税金に対するメリットがあるもので、個人事業主の時には経費として認められなかったものが、会社設立をして法人格になることで認められたり、事業所得から給与所得になるため税金が軽減されると言った税金に対する様々なメリットが有ると言われているのです。

会社法が改正されたことで一番のメリットは、会社設立を行う人により異なるわけですが、最低資本金額が1円に引き下げられた事は、資金不足で会社設立が出来ないと言った事態を回避できるメリットでもあるのです。

また、会社法が改正された際に、払い込み証明が不要になっている事も魅力的な事と言えます。

払い込証明と言うのは、資本金を振り込んだ金融機関に対し、交付の依頼をするものです。

しかし、これから会社を起業すると言う人に対し、金融機関は簡単には交付をしてくれなかったと言います。

銀行は信用取引をモットーとしていますので、新しい会社はその信用が薄いため、金融機関での振込みや交付が難しかったと言われているのです。

しかし、払い込み証明の交付を受けなければ会社を登記する事が出来ませんので会社設立は出来ない事になるのです。

そのため、払い込み証明の交付をしてくれる金融機関を探す事が必要不可欠だったのです。

現在では、資本金の振込みをした後に、通帳を記帳し、通帳の表紙や記帳した部分の写しを取っておくことで、法務局で受け付けが行われるようになっており、短期間で資本金の振込みが可能になっているのです。

また、払い込みをして通帳を記載する事でお金を資金に回す事が出来ると言うメリットもあるのです。

この資金に回せると言うのは、会社設立の準備段階でも魅力的な事であり、会社設立をしながら色々な準備を進めて行く中で資金があるかどうかでは設立後の経営にも影響を及ぼすものでもあり、現在の会社法と言う法律は独立する人々を応援してくれる法律に変わったと言っても過言ではないのです。

因みに、会社法が改正されたことで類似商号調査というものも不要になっており、商号や事業目的などの緩和も行われているのが特徴です。
尚、資本金はどの段階で払い込みをすれば良いのかなのですが、一般的には定款の認証を得た後に行う形になります。